脱毛後は肌が敏感

先にも述べたように、フラッシュ脱毛後の肌は熱を帯びています。また毛穴は開いた状態であり、尚且つ肌が敏感になっていることがあります。この状態で体が熱を発するようなことを行ったり、毛穴に汚れや雑菌が入り込むようなアクションは避けなければなりません。

たとえば運動はそのうちの一つです。運動すると体は熱を発生させます。このような熱は当然のことながら肌にも伝わります。フラッシュ脱毛によってただでさえ必要以上に多くの熱を帯びている肌に対してさらに熱を加えることは、当然のことながら肌トラブルの原因となりかねません。エステティシャンやカウンセラーは施術後に肌を冷やすよう勧めます。そのためこの指示に逆らうようなことは絶対に避けるべきです。

また汚れや雑菌を毛穴に入り込ませないようにするために行うべきことは、なるべく汗をかかないようにすることです。汗は雑菌の餌となるために、これが毛穴に溜まってしまうとそこで雑菌が異常繁殖してしまいます。しかし汗を全くかかないようにすることは不可能ですので、汗ばんできたと感じたらすぐにハンカチやハンドタオルなどを用いて汗を拭き取るようにします。とりわけワキの毛穴は大きく、尚且つ汗をかきやすい部分ですので、脇のムダ毛を脱毛した場合は特別な注意を払うべきです。